1920年代後期

(1926〜1929)

  

   第12期 合同反対派の闘争(1926〜27)

 

    ◇幕・の終焉

 「中央委員会4月総会・..・r)ける演説」(1926年4月6〜9日)

 「ルイコフ決議案・..対する修正案」(1926年4月12日)

 「・会主義的蓄積の法則、計画原理、工業化のテンポ、そして無原則」(1926年5月2日)

 「政治局へ——党内民主主義と党官僚主義」(1926年6月6日)

 

    ◇決定的抗争の開始

 「トロツキーとジノヴィエフの声明」(1926年7月11日)

 「中央委員会・中央統制委員会のメンバーへ——13人の声明」(1926年7月)

 「中央委員会へのアピール」(1926年8月)

 「反対派・..関する質問と回答」(1926年9月)

 「反対派ブロックの擁護」(1926年9月)

 「党の統一と・tm)裂の危機」(1926年10月初め)

 「討論は必要・c)?」(1926年10月初め)

 「声明」(1926年10月16日)

 「・会民主主義的偏向という非難・..対する回答」(1926年10月29日)

 

    ◇一国・会主義論とプロレタリアートの革命的能力

 「第15回党協議会・..・r)ける演説」(1926年11月1日)

 「革命と反革命・..関するテーゼ」(1926年11月26日)

 「コミンテルン執行委員会第7回拡大総会・..・r)ける演説」(1926年12月9日)

 「一国・会主義の理論」(1926年12月12日)

 「プロレタリアートの政治的状況の評価——中央委員へ」(1927年2月21日)

 「シベリア・..ついて」(1927年2月28日)

 「われわれは経済的独立を達成すること・tm)できる・c)」(1927年3月19〜27日)

 

    ◇第1次中国革命をめぐる論争

 「ラデックへの第1の手紙」(1926年8月30日)(English

 「中国共産党と国民党」(1926年9月27日)(English

 「ラデックへの第2の手紙」(1927年3月4日)(English

   【資料】ラデック「中国問題・..関するテーゼ」

 「中国革命・..ついて」(1927年3月22日)(English

 「アリスキーへの手紙」(1927年3月29日)(English

 「政治局への手紙」(1927年3月31日)(English

 「コミンテルン執行委員会総会への声明」(1927年5月始め)(English

 「中国革命と同志スターリンのテーゼ」(1927年5月7日)(English

 「共産党と国民党」(1927年5月10日)(English

 「中国革命・..関する第1の演説」(1927年5月)(English

 「中国革命・..関する第2の演説」(同)(English

 「理解し、再検討し、変更すべきときである」(1927年5月27日)(English

    【資料】トロツキー、ジノヴィエフ、カーメネフ他「中国革命の新しい段階」(1927年7月2日)

 「中国革命の新しい可能性——新しい課題と新しい危険性」(1927年9月)(English

 「コミンテルン執行委員会での演説」(1927年9月27日)(English

 

    ◇英露委員会をめぐる論争

 「英露委員会・..関するテーゼ」(1927年4月15日)

 「英露委員会・..関する決議案」(1927年4月16日)

 「平和のための闘争と英露委員会」(1927年5月16日)(English

 

    ◇最終局・

 「ロシア共産党中央委員会へ——83人の声明」(1927年5月25日)

 「中央統制委員会・..・r)ける2つの演説」(1927年6月)

 「テルミドール」(1927年7月)

 「戦争の危険性と防衛政策・..ついて」(1927年8月1日)(一部 English

 「中央委員会・中央統制委員会・同総会・..・r)ける演説」(1927年8月6日、9日)

 「党政治局へ、中央委員会・r)よ・中央統制委員会幹部会へ」(1927年9月6日)

 「『クレマンソー・テーゼ』と党体制」(1927年9月24日)

 「7時・労働制」(1927年10月10〜12日)

 「トロツキーとジノヴィエフの中央委員会・c)らの除名・..ついて」(1927年10月23日)

 「ヨッフェ追悼の演説」(1927年11月19日)

    【付録】ヨッフェの遺書

 「反対派の『声明』と党内情・r)」(1927年11月20日)

 

    ◇第15回党大会と反対派の除名

 『反対派の政綱——党の危機とその克服の道』(1927年9月)( English

    【資料】民主主義的中央集権派の政綱『レーニンの旗のもと・..——革命の現段階とわれわれの課題』

 「5ヵ年計画・..関する反対派の対抗テーゼ」(1927年11月)

 「農業問題・..関する反対派の対抗テーゼ」(1927年11月)

 「第15回党大会・..よせて——121人の声明」(1927年12月4日)

    【資料】第15回党大会・..・r)けるラコフスキーの演説

 「ジノヴィエフ派の声明とトロツキー派の声明」(1927年)

 「新段階」(1927年12月末)

 

   第13期 流刑地・..・r)ける闘争(1928〜1929)

 

    ◇流刑

 「流刑・の声明」(1928年1月)

 「当局への電報」(1928年1月〜2月)

 「スミルノフへの手紙」(1928年2月初め)

 

    ◇投降・と調停・

 「ピャタコフ——政治的・..終わった男」(1928年3月17日)

 「投降・の・像」(1928年5月26日)

 「2人の調停・への回答」(1929年1月10日)

 

    ◇コミンテルン第6回大会をめぐって

 「コミンテルン第6回大会への宣言」(1928年7月12日)

 「第6回大会・c)ら何を期・すること・tm)できる・c)」(1928年7月17日)

 「ラデックのテーゼ」(1928年7月17日)

 「現在コミンテルンを指導しているのは誰・c)」(1928年9月28日)

 『レーニン死後の第3インターナシ・ナル[国際革命とコミンテルン]』(1928年)(English

 「第6回大会を終わって」(1928年9月6日)

 「第6回大会と反対派の任務」(1928年9月18日)

 

    ◇ソ連経済の新しい転換への評価

 「『プラウダ』は警報を鳴らす」(1928年3月5日)

 「指導の方法」(1928年6月2日)

   【資料】ブハーリンとカーメネフの会合(1928年7月11日)

 「7月総会と右・c)らの危険性」(1928年7月22日)

 「闘争はまだこれ・c)らだ」(1928年8月30日)

 「ジグザグの法則は今な・r)有効」(1928年8月30日)

 「ある著名な党員との対話」(1928年9月12日)

 「スターリンの・..左的戯画」(1928年10月22日)

 「右派=中・派ブロックの危機」(1928年11月)

 「プロレタリア革命と農民革命との関係」(1928年12月)

 「スムィチカとは何・c)」(1928年12月)

 

    ◇スターリン官僚制の評価

   【資料】ラコフスキー「官僚の職業的危険性——党と国家機構の堕落の原因」(1928年8月6日)

 「ボナパルティズムの危険性と反対派の役割」(1928年10月21日)

 「官僚主義の哲学的傾向」(1928年12月)

 

    ◇中国革命の新しい展望

 「プレオブラジェンスキーへの3つの手紙」(1928年)(English

 「中国・..・r)ける民主主義的スローガン」(1928年10月)(English

 「第6回大会以後の中国問題」(1928年10月4日)(English

 「中国と国民議会」(1928年12月)(English

 

    ◇追放

 「最後・牒への回答」(1928年12月16日)

 「追放・..対する抗議」(1929年2月7-8日)

 

   第14期 プリンキポ時代(1)——最初の1年(1929)

 

    ◇追放後の最初の声明

 「トロツキー追放の目的は何・c)」(1929年3月4日)

 「ソ連邦労働・への手紙」(1929年3月29日)

 「民主主義の教訓を私は受け取らな・c)った」(1929年4月22日)

 

    ◇ソ連はどこへ

 「スターリンの勝利」(1929年2月25日)

 「ソヴィエト共和国はどこへ行く」(1929年2月25日)

 「ソヴィエト・..・r)いて議会制民主主義は実現する・c)?」(1929年2月25日)

 

    ◇コンスタンチノープル・c)ら・c)た国際情・r)

 「『大阪毎日』特派員の質問・..対する回答」(『反対派ブレティン』第1/2号、1929年4月24日)(Russian)

 「軍縮とヨーロッパ・衆国」(『反対派ブレティン』第6号、1929年10月4日)(Russian)

 

    ◇ドイツ・ファシズムと「・会ファシズム」論——最初の評価

 「『民主主義平和主義の時代』とファシズム」(『レーニン死後の第三インターナショナル』第6章より、1928年)

 「オーストリアの危機と共産主義」(『反対派ブレティン』第7号、1929年11月13日)(Russian)

 

    ◇投降・との闘い

 「ロシアの同志たちへの手紙」(1929年5月22日)

 「ラデックと反対派」(1929年5月26日)

 「忍耐、忍耐、忍耐」(1929年6月14日)

 「惨めな文書」(1929年7月27日)

 「投降の心理・..ついて」(1929年9月)

 

    ◇中国問題と左翼反対派の課題

 「中国の政治情・r)とボリシェヴィキ=レーニン主義・の課題」(『反対派ブレティン』第1/2号、1929年6月)(English

 「中国で何・tm)起こっている・c)」(『反対派ブレティン』第7号、1929年11月9日)(English

 「中国反対派への回答」(『反対派ブレティン』第9号、1929年12月22日)(English

 

    ◇国際左翼反対派の組織化——最初の試み

 「反対派の課題」(1929年3月)

 「共産主義的反対派のグループ・tm)け」(1929年3月31日)

 「スヴァーリンへの手紙」(1929年4月25日)

 「ブランドラー=タールハイマー・..ついて再論」(1929年7月12日)

 「アメリカ反対派の課題」(1929年5月)

 「外交・c)革命的戦術・c)——チェコの同志への手紙」(1929年7月1日)

 「『ラ・ヴェリテ』・集部への手紙」(1929年8月6日)

 「『階級闘争』誌への手紙」(1929年8月11日)

 「イタリアの左翼共産主義・への手紙」(1929年9月25日)

 

    ◇中ソ紛争とソ連の防衛

 「中ソ紛争と反対派の課題」(1929年8月4日)(English

 「ソヴィエト共和国の防衛と反対派」(1929年9月7日)

 「レーニンブントはどこへ行く」(1929年9月19日)

 「中ソ紛争とベルギー反対派の立場」(1929年9月30日)

 

    ◇ソ連の経済政策の転換とソ連左翼反対派

 「8月22日の声明・..サインしたボリシェヴィキ=レーニン主義・への公開状」(1929年9月25日)

   【資料】ラコフスキー他「8月22日の声明」

 「次は何・c)?——ソ連の左翼反対派」(1929年10月)

 「ソ連の友人たちへの手紙」(同)

 「ロシア革命12周年」(1929年10月17日)

 

    ◇サンディカリズム批判

 「共産主義とサンディカリズム」(1929年10月14日)

 「サンディカリズムの原則的誤り」(1929年10月)


 

トロツキー研究所 トップページ 更新情報
日本語文献の英語ページ
マルキスト・インターネット・アルヒーフの非英語ページ
マルキスト・インターネット・アルヒーフ