1887 Karl Marx
English Edition "Capital"  Translated by Samuel Moore and Edward Aveling,Edited by Friedrich Engels

1886 Preface To The English Edition

graphic

カール・マルクス

資 本 論


1886 英語版への序文



 (1) "Das Kapital"の英語訳の出版については、謝罪の必要はない。そうではなくて逆に、説明が求められているであろう。なぜ、英訳が今日までも遅れたのか。イギリスやアメリカの定期出版紙や時事文献で、ここ数年間この本に提起されている理論は絶えず言及されており、攻撃されたり、防御されたり、翻訳されたり、誤翻訳されたりして来たのだから。

 (2 ) 1883年(3月: 訳者注) 著者が亡くなった直ぐ後に、この本の英語版が真に求められていることが明確となった。マルクスと、この本の現在の著者の 長年の友である サミエル ムーア氏が翻訳の労に合意してくれた。(1883年6月: 訳者注) 彼ほどこの本に精通している人は、多分、他にはいないだろう。マルクスの遺言書の執行人にとっては、この出版が懸案となっていたのだった。私が、ムーア氏の原稿と原本を照合し、私が助言した方がいいと思ったら、その別の表現等を指摘することになった。しばらくして、ムーア氏の仕事が忙しく、翻訳が、我々全てが望んでいたようには早くは終わらないことが分かった時、エイブリング博士の助力申し出があり、我々は喜んで受け入れることにした。また同時に、エイブリング夫人、マルクスの最も年下の娘さんだが、引用文のチェックと英国の著述者からの数多くの引用句、青書(Blue Books : 訳者挿入)、マルクスが独文に翻訳したもの、の元の英語への戻し作業 の申し出もあり、勿論喜んでお願いした。このエイブリング夫人の作業は、全般にわたって行われた。ただ二三の避けられない例外はあった。  

 (3 ) この本の次の部分は、エイブリング博士によって翻訳された。
(1)第10章(労働日)と第11章(余剰価値の量と比)
(2)6篇(労働賃金、第19章から第22章を含む)
(3)第24章の第4節(状況は )から最後まで。第24章の後半から、第25章、そして 第8篇のすべて(第26章〜第33章)
(4)二つの著者の序文
この本の以上の残りの部分すべては、ムーア氏による。  そして、このように、それぞれの翻訳者は、かれの作業の範囲に関してのみ責任がある。だが、私は、その全てに共同の責任を持つ。

 (4 ) ドイツ語版の第三版を我々の基礎としている。この第三版は1883年に、私が、著者が残したノートの助けを借りて、用意したものである。1873年に出版したフランス語版を見て、第二版のある語句を明確な語句に置き換えるよう指示していた。 (本文注 Le Capital par Karl Marx Tranduction de M.J.Roy entireement revisee I'auteur. Paris. Lachatre. M.J. ロイ氏の翻訳で、全体的に著者が校訂。ドイツ語第二版を基に翻訳したものだが、この訳には、特に本の後段の部分に、少なからぬ変更があり、また、追加された所もある。)     

  であるから、第二版本文に影響する部分は、マルクスによって書かれた変更で、マルクスの指示書(.MS.:訳者挿入)の中身とほぼ同一である。この指示書は、10年程前に、アメリカで計画された英訳のためのものであった。この計画は、我々の要望にかなう適当な翻訳者がいなかったため放置されていた。この指示書は、我々の古い友人である、ニュージァージー ホボーケンのF.A.ソルゲ氏から、我々の処置にと戻されたものである。そこには、フランス語版からのいくつかの更なる指示があった。しかし、第三版にたいする最終指示書よりもかなり古いので、私は、この使用の自由が私にはないと思えた。ただ、控えめに、主に、困難な部分を乗り越えるために、使用することとした。同様に、フランス語版は、多くの困難な字句に際して、参照された。原本の重要なところで、表現上何を犠牲にすべきかと云う時に、著者自身が何を犠牲にするか迫られていた指標として。

  (5 ) とはいえ、読者に対して取り除くことができない困難がある。ある字句は、実情とは違った意味で使われている。普通の生活という点ばかりでなく、今日の政治経済学上のという点でもなのである。でもこれは避けるわけにはいかない。様々な新しい科学においては、科学の専門用語の革新が進んでいる。特に、化学の分野では、全ての用語が20年ごとに急速に変化している。様々な名称の関連物を持たない単純な有機重合物などはほとんどない。政治経済学では、一般的に、そのままで、商業・工業の現状の用語に満足しており、またそれらの用語を使っており、だからこそ、それらの用語で表される狭い範囲の観念に自身を閉じ込めていると 認識するのに失敗している。  であるから、利益も地代も、労働者が雇用主 (その最初の占有者、究極の全面的所有者ではないものの) に供与しなければならない生産物の不払い部分の断片であると完全に知ってはいるものの、古典的政治経済学は、従来の利益と地代の概念から踏み出すことは少しもなかった。そうしたもの全てが高潔無比なるものとして、この生産物の不払い部分(マルクスが余剰生産物と呼んだもの) を調べることも少しもなかった。従って、彼等はその起源も、性質も、それに付随する価値の分配を決める法律にも、明瞭な理解に到達することはなかった。 もう一つ、全ての工業 (industry: 訳者が英文を挿入) は、農業や手工業でない限り、何ら区別することなく、次の単語: 製造業 (manufacture: 訳者が英文を挿入) としている。このため、二つの大きな、基本的でもある、経済史上の異なる時期の違いが消されている。一つは製造業そのもの、手による労働を主とする時期、もう一つは近代の機械による工業の時期である。だが、ここは自明と云わねばならない。近代資本主義者の生産を、ただ、人間の経済史における一通過時のものとして見る理論であり、現生産形式を不朽で最終的と見る習慣的論者のそれとは違った言葉を使う必然があるからである。  

  (6 ) 著者の引用の方法について、敬意を払って触れておくことも、やはりここでは重要な点であろう。大部分のケースは、通常のもので、主文で主張していることを支える文献的な証拠である。だが、多くの例は、経済学の著述者からの字句で、その主張が最初に明解に発表されたのは、いつ、どこで、誰によってかを示すための引用である。彼等の主張がどの様なケースでなされたものかは、重要な部分で、主張の内容が適切なものかどうかはともかく、社会的生産の条件や当時行われていた交換の状況を表しているものである。これらはマルクスの見識には全くかかわりなく、また別に一般的に妥当だというものでもない。これらの引用は、従って、科学的歴史としての適切な注釈として主文を補足している。  

  (7 ) 我々の翻訳は、著作の第一巻のみで構成される。しかしこの第一巻は、それ自身で、非常に充実しており、全体をなしている。またこの20年間を通して、独立した地位を保持している。第二巻は、ドイツ語版で、私が1885年に編集したが、第三巻なくしては決定的に不完全であり、1887年末以前には発行できない。第三巻がドイツ語初版でもたらされたら、両方の英語版を用意すれば十分間にあうだろうと考えた。  

  (8 ) "Das Kapital"は、たびたび、大陸において、「労働者階級のバイブル」と呼ばれた。この本が到達した結論は、日を追うごとに、多くの労働者階級の運動の基礎的原理となり、ドイツやスイスばかりでなく、フランス、オランダ、ベルギー、アメリカ、さらに、イタリアやスペインにまでも広がった。いずれの地でも、これらの結論が、彼等の状態や彼等の要望を最も適切に表現していると次々認めている。この運動を知る者に、このことを否定する者はいないだろう。また、イギリスにおいて同じく、今この瞬間でさえも、社会主義者の運動に力強い影響を及ぼしており、その運動が、「文化的」と称される人々にも、労働者階級に匹敵する程に、広がっている。しかし、これが全てではない。イギリスの経済的状況の全面的な診断が、まさに避けようもなく国家的な必要事となる時代が急速に近づいている。この国の工業システムの作動は、生産の、絶え間ない、急速な拡大なしには、従って、市場の拡大なしには、即停止に行き着く。  

  (9 ) 自由貿易は、その財源を枯渇してしまった。マンチェスターさえ、この、以前の経済的福音を疑う。外国の工業が、急速に発展し、イギリスの生産の眼前に迫る。いたるところで、保護地域のみでなく、中立的市場で、そして海峡のこちら側でも。生産力は等比級数で増大する一方、市場の拡大は、最大でも算術級数でしか進展しない。10年ごとに繰り返される、不景気、繁栄、過剰生産、恐慌のサイクルが、1825-1867年の繰り返しのように、同じコースを走って来たように見える。だが、永久的、慢性的な不況という絶望の泥沼に嵌まり込むだけだろう。繁栄の頃を夢みても、もう来ない。我々は、たびたびその予告的きざしを感じたように思ったが、そのたんびに、空気の如く消えた。その間、毎冬、あの大きな質問が繰り返し提起される。「失業者をどうするか。」しかし、失業者数が毎年増加するのに、この質問に答える者はいない。そして、我々は、失業者達が辛抱を捨てて、彼等自身の運命を自らの手で掴む時がくるのを十分に予測することができる。その時には、ある人の声が聞こえてくるであろう。彼の全理論は、イギリスの経済的歴史と現状の学問的研究に全生涯を懸けたものであり、その研究が、彼をして、次のような結論に導いたのである。少なくともヨーロッパにおいて、イギリスは、この避け得ぬ社会革命が平和的、法的な手段をもって、完全になし遂げられるであろう ただ一つの国である。と。彼は、勿論、次のように付け加えることを少しも忘れてはいない。イギリスの支配階級が、この平和的、法的革命を、「奴隷制擁護の反逆」なしにその成就を許すとは少しも思っていない。と。




Friedrich Engels
11月05日 1886




[序文 終り]







以下訳者余談 (場違いだがご容赦いただきたい)  第1巻だけの、英語版(1886年3月原稿完成、同8月校閲、同11月校正完 1887年1月出版)は、一足先に出版されたフランス語版(1872-1875年に出版)と同様、マルクスの原典とはかなり違うものとして、なにか別扱いされていている感じがする。それだけではなく、マルクス自身の思考とは違っているものとする論まであるようだ。

 だが、その違いについては、マルクスもエンゲルスも序文で説明しており、それ以上のものを分析して見せた人は見当たらない。つまり、実質的な差はなく、二人が指摘する範囲のもので、意図も明確に叙述している。  

 英文(すでに、1867年には計画がはじまった) は、独文の第三版をベースに、フランス語版にマルクスが書いた指示を参照して出来上がっている。そういう意味では、マルクスの最後の息が英文にはあるということになる。フランス語版は、ロイ氏の訳で、マルクスの校訂であり、その序文で、ロイ氏の翻訳に触れている。その固執ぶりはかなりのものと思われ、マルクスが読者に分かりやすいように字句を変えた程であると自身が書いている。この変更を独文第二版に加えたのがエンゲルス編の第三版なのである。

 英文翻訳は、マルクスとエンゲルスの友人でありかつ法律顧問であったムーア氏が大半を、後段の一部をエイブリング博士が担当し、エンゲルスが監修した。エンゲルスは、自分の編纂した第三版の出版を先のばししてまで、英語版の監修に1年の時間を掛けているのである。(1886年 エンゲルス66才) ムーア氏も試訳に3年を要しているのである。ムーア氏の試訳の最初の部分を読んだエンゲルスは、「大部分は大変上出来で、生き生きしていた」とローラ(マルクスの次女で、英訳の話はローラに委ねるとマルクスが生前(1882年の夏)に話したいきさつがある。だが、マルクスは、1883年3月14日65才で亡くなった。) 宛の手紙 (1883年9月) に書いている。ロイ氏は、ドイツの唯物論哲学者 フォイエルバッハの著書の訳者でもあり、マルクスが選ぶだけの理由があった。二人の間にはそれなりの緊張感があったであろう。ムーア氏は法律家で、友人関係にあり、いはば半身内の人である。また何故英語版を急いだかは、ヘイリー ハイドマンの英訳(1885年10月〜)が一部公開され、エンゲルスが「ぞっとする代物」と云ったというもので、それに対して出版停止の措置が取れないと分かったからである。     

  二人の訳は、ロイ氏はマルクスに迫りながら、ムーア氏はできるだけそのままに、翻訳しているように感じる。エンゲルスもフランス語版に沿っている感じがする。申し訳ないが、感じだけで、なんの根拠も持ってはいないが、気づいたところは、次のところである。

  第ニ章のタイトルは、ドイツ版では、交換過程(Der Austauschprozes)となっているが、フランス語版では、交換 (DES ECHANGES)となっている。英語版は交換 (EXCHANGE) である。またその書き出し部分であるが、独文では、"Die Waren konnen nicht selbst zu Markte gehn" 仏文では、"Les marechandises ne peuvent point aller ellesmemes au marche" 英文では "It is plain that commodities cannot go to market"となっている。英文には、友人同志の独特の雰囲気も表れているようだ。ムーア氏は、エンゲルスの最後の病床にも立ち会っている。(エンゲルスは、1894年 74才で亡くなった。) それだけに、友人としてのエンゲルスの監修も相当なものであり、エンゲルスもこの訳を大切にしたのだろう。  

  私などが、適当に書くなど、場違いは承知しているが、英訳版の和訳を進める中で、英語版の素晴らしい位置づけが分かってきて、一層進めてみたいと思ったので、触れさせてもらった。  

  ネット上で、独文、仏文、英文に、直接アクセスできる。
[ドイツ語版] http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_000.htm
[フランス語版]
http://www.otaru-uc.ac.jp/htosyo1/siryo/yosho/pdf/YR049002_1.pdf
[英語版] http://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/index.htm
 

  もう一つ触れておきたい。向坂逸郎氏のこの序文訳の一点である。「だから古典派経済学は、一度も生産物のこの不払い部分(マルクスは剰余生産物と名付けている)を、総体において、全的なものとしては研究しなかった。」と書いているところである。 では、総体としてではなく、全的でないものとして、部分的または局面的なものとしては研究していたのかという反問を禁じ得ない。しかし、古典経済学は、敢えて云えば現在のブルジョワ経済学ですら、これになんら関心を持つことができなかったのだから、奇妙である。英文は、極めてすっきりしており、この疑問を生じさせない。この点でも、英文は極めて有難い。  

  私は、向坂訳で資本論を読みはじめて、見事に挫折した。大学時代のことである。最近、友人のブログに刺激を受けて、ふたたび色あせた岩波文庫を取り出した、瞬時に再挫折した。しかたがないので、やさしい資本論を検索した。勿論そんなものはない。だが、英文のCapitalがどういう具合か引っかかった。英語は高校以来本気で学んだことはないし、高校では劣等生以外の何者でもなく、読めるなんて少しも思わなかった。でも興味半分で、開いて見て、驚いた。やさしく読めたのである。おふざけものと思った。でも読み進めると、なんとなく興味が湧いた。そう言えば、向坂本に、英語版への序文もあったなと。ひょっとしたら本物なのではないかという気になった。私の英語版訳作業のはじまりなのである。実は、第三章第一節まで訳したところで、序文の訳に取りかかった。英語版の位置づけがどうしても以後の訳を進める上で、気がかりになったからである。英語版はフランス語版同様、本物の資本論とは別物という説明があると聞き、ならば、英語版訳などは徒労かも知れないと不安になったからである。岩波新書 佐藤金三郎著 マルクス遺稿物語 を読んで、英語版の経過も多少わかった。資本論を粉砕したいと願う側から見れば、各語版は違ったもので、そのように資本論はマルクス・エンゲルスの勝手なばらばらな論でどれが本物というものでもなく、読むに値しないという意図があってのものと察することができるようになった。英語版は今、我々の宝となる。向坂本は脇読みするにはいい参考となる。

  挫折がいかにして生じるかについて、証明書を発行しておく。瞬時にして挫折するだろう。資本論を読むなら、先ずは、本を買う。なにを買っても似たようなもんだが、ほとんど向坂本類似の翻訳だから、他を選ぶ特別の理由はない。だから、岩波文庫の向坂訳本の第一冊目ということになろう。  序文を飛ばして、第一章 第一節を読み始める。有名な句で始まる。(以下向坂本)
 資本主義的生産様式の支配的である社会の富は、「巨大なる商品集積」として現われ、個々の商品はこの富の成素形態として現われる。したがって、われわれの研究は商品の分析をもって始まる。  商品はまず第一に外的対象である。すなわち、その属性によって人間のなんらかの種類の欲望を充足させる一つの物である。これらの欲望の性質は、それが例えば胃の腑から出てこようと想像によるものであろうと、ことの本質を少しも変化させない。ここではまた、事物が、直接に生活手段として、すなわち、享受の対象としてであれ、あるいは迂路をへて生産手段としてであれ、いかに人間の欲望を充足させるかも、問題となるのではない。(ここまでが向坂本の最初の部分)

  挫折点は、多い。富の成素形態、外的対象、属性、という単語は独特でなじみが少ない。それでも、それが資本論の語彙として受け入れるとしよう。だが、外的対象の属性が人間の欲望を充足する。どんな欲望でも、欲望の本質を変化させない。このことに関しては、どう欲望を充足させるのか、問題とならない。  ここで挫折するのである。追いかけきれない。読書能力の欠如を実感する。どういう意味なのかわけが分からなくなる。商品の何を云いたいのか把握できない。本を投げ出す。以降の文面も似たような反応しか生じない。今の能力では、難解そのもの、いずれ改めて機会があれば、さいなら。となるであろう。向坂本は、こうだが、英文は明解に訳されている。その和訳を私が行っているのだが、簡単明瞭、難解はない。私の訳を掲げておく。比較すれば、向坂本の翻訳の挫折性が分かるだろう。

  (1) 資本主義的生産を行う社会では、その富は、商品の巨大な蓄積のようなものとして現われる。その最小単位は一商品ということになる。従って、我々の資本主義的生産様式の考察は、一商品の分析を以て始めねばならぬ。       

  (2) 一商品は、とにもかくにも我々の面前に存在して、その特質をもって、人間の様々な欲求を満足させて呉れる。 その欲求が、例え胃からであろうと、幻想からであろうとかまわない。 ただこの商品要素の考察という段階においては、一商品が、直接的に生存のための欲求にであれ、間接的に生産に用いるための欲求にであれ、どのようにこれらの欲求を満足させるかについては、特に知る必要はない。


長い余談を付けさせて貰った。恐縮だが、私の資本論経験も英語版訳には大切な起点なのである。 いよいよ、第一章へである。
第一章へ 目次 序文の最初に戻る訳者の邦訳に当たってに戻る マルクス・エンゲルスのリストに戻る