1887 Karl Marx
English Edition "Capital"  Translated by Samuel Moore and Edward Aveling,Edited by Friedrich Engels

Contents

カール・マルクス

英語版 「資本論」の 目次

English Edition of "Das Kapital"  Translated by Samuel Moore and Edward Aveling,Edited by Friedrich Engels

Contents

原書及び邦訳対象とした英文 Online Version 原文について
Written: 1867
Source: First english edition of 1887 (4th German edition changes included as indicated).
Publisher: Progress Publishers, Moscow, USSR
First Published: 1887
Translated: Samuel Moore and Edward Aveling - edited by Friedrich Engels

Online Version: mea 1995, marxists.org 1999
Transcribed: Zodiac, Hinrich Kuhls, Allan Thurrott, Bill McDorman, Bert Schultz and Martha Gimenez (1995-1996)
HTML Markup: Stephen Baird and Brian Baggins (1999)

邦訳及びアップロード: 宮崎恭一 (2010)
英語版「資本論」の邦訳に当たって



第一巻 資本の生産過程[V o l. 1]
Volume One: The Process of Production of Capital
(訳者注 : 英語版「資本論」は第一巻のみである。

  英文の第二巻は、Progress Publishers, Moscow 1956, I. Lasker訳 また、第三巻はInstitute of Marxism-Leninism, USSR, 1959 がある。)


  序文とあとがき
Prefaces and Afterwords
(訳者注 : ここでは、エンゲルスの英語版の序文のみ訳出)


第一篇 商品と貨幣 [Part 1]
Part I: Commodities and Money


第一章 商 品 [Chapter 1]
Ch. 1: Commodities

第二章 交 換 [Chapter 2]
Ch. 2: Exchange
(訳者注 : ドイツ語版では、交換過程 フランス語版では、交換)

第三章 貨幣、または 商品の流通 [Chapter 3]
Ch. 3: Money, or the Circulation of Commodities
(訳者注 : 向坂逸郎訳では、貨幣または商品流通)


第二篇 貨幣の資本への変換 [Part 2]
Part II: The Transformation of Money into Capital

(訳者注 : ドイツ語版では、第二篇は、第四章のみで、その中に第一節から第三節の各節があるが、英語版では、これらが章として記述されている。マルクスの指示書によりこの形式になっているが、確かに、章にするだけの内容があると、私も感じている。フランス語版ですでにそのようにしているのを引き継いでいる。なお、向坂逸郎訳では、貨幣の資本への転化)

第四章 資本となるための一般公式 [Chapter 4]
Ch. 4: The General Formula for Capital
(訳者注 : 向坂逸郎訳では、資本の一般定式 ドイツ語版では、この章は、第四章 貨幣の資本への変換 の第一節 資本となるための一般公式となっている。)

第五章 資本となるための一般公式 における矛盾 [Chapter 5]
Ch. 5: Contradictions in the General Formula of Capital
(訳者注 : この章は、ドイツ語版では、第四章 貨幣の資本への変換 の第二節 資本となるための一般公式における矛盾 となっている。)

第六章 労働力の買いと売り [Chapter 6 ]
Ch. 6: The Buying and Selling of Labour-Power
(訳者注 : ドイツ語版では、第四章 第三節)


第三篇 絶対的剰余価値の生産 [Part 3]
Part III: The Production of Absolute Surplus-Value


第七章 労働過程と剰余価値生産の過程 [Chapter 7]
Ch. 7: The Labour-Process and the Process of Producing Surplus-Value
(訳者注 : ドイツ語版では、章番号が2減じられる。英語版第七章はドイツ語版では第五章である。以下同様)

第八章 不変資本と可変資本 [Chapter 8]
Ch. 8: Constant Capital and Variable Capital

第九章 剰余価値率 [Chapter 9]
Ch. 9: The Rate of Surplus-Value

第十章 労働日 [Chapter 10]
Ch. 10: The Working-Day

第十一章 剰余価値の 率と量 [Chapter 11]
Ch. 11: Rate and Mass of Surplus-Value


第四篇 相対的剰余価値の生産 [Part 4]
Part IV: Production of Relative Surplus Value


 

第十二章 相対的剰余価値の概念 [Chapter 12]
Ch. 12: The Concept of Relative Surplus-Value

 

第十三章 協 同 作 業 [Chapter 13]
Ch. 13: Co-operation

 

第十四章 分業と工場手工業 [Chapter 14]
Ch. 14: Division of Labour and Manufacture

 

第十五章 機械と近代工業 [Chapter 15]
Ch. 15: Machinery and Modern Industry


第五篇 絶対的剰余価値と相対的剰余価値の生産 [Part 5]
Part V: The Production of Absolute and of Relative Surplus-Value


第十六章 絶対的剰余価値と相対的剰余価値 [Chapter 16]
Ch. 16: Absolute and Relative Surplus-Value

第十七章 労働力の価格と剰余価値とにおける大きさの変化

[Chapter 17]

Ch. 17: Changes of Magnitude in the Price of Labour-Power and in Surplus-Value

第十八章 剰余価値率に関する公式 [Chapter 18]
Ch. 18: Various Formula for the Rate of Surplus-Value


第六篇 賃金 [Part 6]
Part VI: Wages


第十九章 労働力の価値(とそれぞれの価格)の賃金への変換

[Chapter 19]
Ch. 19: The Transformation of the Value (and Respective Price) of Labour-Power into Wages

第二十章 時間賃金[Chapter 20]
Ch. 20: Time-Wages

第二十一章 出来高払い賃金[Chapter 21]
Ch. 21: Piece-Wages

第二十二章 賃金の国別の違い[Chapter 22]
Ch. 22: National Differences of Wages


第七篇 資本の集積 [Part 7]
Part VII: The Accumulation of Capital


第二十三章 単純再生産[Chapter 23]
Ch. 23: Simple Reproduction

第二十四章 剰余価値の資本への変換[Chapter 24]
Ch. 24: Conversion of Surplus-Value into Capital

Ch. 25: The General Law of Capitalist Accumulation

Part VIII: Primitive Accumulation

Ch. 26: The Secret of Primitive Accumulation
Ch. 27: Expropriation of the Agricultural Population from the Land
Ch. 28: Bloody Legislation against the Expropriated, from the End of the 15th Century. Forcing down of Wages by Acts of Parliament
Ch. 29: Genesis of the Capitalist Farmer
Ch. 30: Reaction of the Agricultural Revolution on Industry. Creation of the Home-Market for Industrial Capital
Ch. 31: Genesis of the Industrial Capitalist
Ch. 32: Historical Tendency of Capitalist Accumulation
Ch. 33: The Modern Theory of Colonisation

 
 

現在は、序文、第一章 − 第二十四章までを収録している。目次の各章をクリックすれば、該当章が開きます。
序文へ進む 目次の最初に  英語版「資本論」の邦訳に当たって に戻る マルクス・エンゲルスのリストへ